回転すしで寿司が回転しない

お店
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
家族でよく回転すしにいくのですが
リニューアルオープンしたなじみの回転すしにいってびっくり!!

すしが流れていない・・・

最近の回転すしはすしが回転していないんです。

回転させていたら、いつまでもとられずに乾燥してしまい、廃棄になってしまうことが多くなってきているのかな?と思います。

スポンサードリンク




回転すしで回転している皿をとる?

回転すしにいって、まわっている寿司をとりますか?
ままさんはまず注文をします。
めんどくさいときにたまたままわっている皿で食べたいのがあったら取ります。

こんなことがありました。
注文したいと思ったものが回ってきたので取りました。
食べてみると、ネタも寿司も乾燥してがびがびでした。
ちょっと流石に食べられないので残しましたが・・・。
え、これ食べられないの取ったからってお金払わないといけないの?
お店の管理が悪いからじゃないの?
と考えて店員を呼びました。
事情を言うと新しいものと交換してもらえました。
よかった~~~。

まわっていても衛生的なことを考えて上に透明なふたをしているところなら、まわっている皿をとってもいいかなと思います。
しかし、そういう対策がされていないものは、まわっている皿をとりたくないですね。

回らなくなった回転すし

先月の中旬にリニューアルオープンした回転すしや。
しばらく閉店していたので、結構大がかりな工事をやっていたようです。
何が変わったかと言うと、回転レーンがなくなりました。
回転レーンの代わりに、上下にレーンができました。
普段は動かないレーンですが、注文を受けた後にできたものをテーブルに停まるようになっていました。
前の回転レーンに注文したものもいっしょに回っていたときにはトラブルが相次ぎました。
それは、注文したものが届かないというものです。
注文したものは、専用の台に乗せて回転レーンでまわってきます。
しかし、途中で他の客がとってしまうのです。
取られたからと言って最終的にお金を払うのは、皿を取った方なので注文しただけで皿をとれなかった方は損はありません。
しかし、なんども注文したものが届かないとなるとそうはいきません。
店員にクレームを言うのはある程度しかたがないですが、注文用の台から皿を取るところを見た客が、その客に対してクレームを言う、客同士のトラブルになることが考えられます。
いまのところそういう客同士のトラブルを見たことはありませんが、もし注文の品でないのに注文用の台から商品をとる客に対していい思いをしません。
知らなくて取ってしまった場合と、わかっていて取っている場合があります。
分かっていて取っている場合はトラブルになる可能性が多いです。

スポンサードリンク

こういうトラブルの回避から、回転レーンがなくなったといえるのかもしれません。
現状、注文したものが届かないというトラブルは回避されています。
今までよりも注文したらすぐ届くようになりました。
店員が注文の品に集中できているということなのかもしれません。

回転すしに小皿がなくなった?

寿司といえば醤油です。
小皿に醤油をいれて、すしのネタに醤油をつけて食べます。
しかし、最近ではその小皿を置いている回転すしが減ってきているそうです。
テーブルに物をおきっぱなしにするのは、やはり衛生的によくないからなのでしょう。
残念なことですが、テーブルにおいている調味料を鼻の穴にいれるとか、食べ物に使うものを不衛生にして放置する客がいます。
後から使うときに注意してみないと、故意なよごれがついていることがあります。
お店側はなかなか管理が難しくなってきていますので、そもそもおかないという選択をせざるをえません。
都会では小皿を使う人がすくないのかもしれません。
田舎ではまだ小皿が置いています。

 

まとめ

回転すしは食べたいものだけとればいいので、家族で外食するにはとても安くすることができます。
(子供の食べる量をみて自分が食べる量を調整したり・・・)
いつもタッチパネルで注文するだけで、まわっている皿はほとんどとらないのですが、注文しようと思ったら回ってきたときはとります。
最近リニューアルオープンしたなじみの回転すし。
回転レーンがなくなってしまいました。
注文オンリーになると、注文してから商品が届く速さが違う!!
注文オンリーだから会計も店員さんがいちいち皿の数を数えなくてもいい。
でも、「回転」寿司ではなくなってしまいますけどね。
これも時代の流れですね。

 

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました