血液クレンジングは効果あるの?オゾンで血液がきれいになるが

病気

こんにちは
ままさんです。
今日、とても気になる情報がありました。

血液クレンジングって聞いたことがありますか???

芸能人が血液クレンジングを受けて、肩こりがよくなったとか体が軽くなったとか、インスタなどで宣伝しています。
血液クレンジングとはどんなものなのでしょうか。

スポンサードリンク




血液クレンジングとは

血液クレンジングとは、血液を取り出し医療用のオゾンで活性化して体内に戻すというものです。
オゾン療法ともいわれます。
血液を採るといても100mlほどです。

オゾンが入った血液はとてもきれい

血液にオゾンをいれるときれいな色になるといわれています。
採血する血液は静脈からなのでどすぐろい色をしています。
きれいな血液となって体に戻っていくなんて、とても新鮮な血液を体にいれているイメージで、体にはいい効果が期待できるのかなと思ってしまいます。

血液の色

血液の色は実はどの血管から採血したかで色が違うことを知っていますか?

静脈

健康診断や血管注射で刺すところは静脈という血管です。
体の表面側にある血管のことです。
心臓に向かって血液が流れています。
どすぐろい色をしています。
胃潰瘍など胃から出血するとどすぐろい色をした血を吐きます。
胃には大静脈がとおっているからです。

動脈

動脈は、肺で酸素を吸収し心臓から体全身に回る、体の中のほうを通っている血管です。
とてもきれいな色をしています。
動脈の血液を採血することはめったにありませんが、手術前の精密検査で血液中の酸素濃度を調べるために動脈から採血されることもあります。
足の付け根からだったり、手首からだったりします。
肺から出血したらきれいな色の血を吐きます。

以上からわかるように、動脈の血液の色はとてもきれいなんです。

血液クレンジングは効果があるのか

血液は心臓から出て行って体をめぐり、肺で酸素をもらい心臓にもどります。
静脈からとった血液をきれいにしても、結局肺で酸素をもらうときれいになるので意味がないのでは?という意見もあります。
血液をとりだしてきれいにするという宣伝文句から、「人工透析」のイメージがわくのではないかと思います。
人工透析は腎臓が機能しなくなった人に、血液の中の老廃物を機械をとおして排除し体にもどします。

スポンサードリンク

「人工透析」はかなり体に負担がかかります。

透析中は寝てはいけないし、時間も長時間かかります。
人工透析していて元気でぴんぴんしている人を見ません。
いつも具合悪そうで、体調も崩しやすいそうです。

静脈にオゾンをいれただけのものを体内にいれて、体にいいのでしょうか?

血液クレンジングを受けたことのある人が効果があるかどうか疑問視しています。
しかしまったく効果がないわけではありません。

イギリスのエリザベス女王の母は、週に2回血液クレンジングを行い、大きな病気になることなく長生きしたことで、イギリスでは血液クレンジングに注目されることになりました。

まとめ

血液クレンジングは、採血した血液にオゾンを入れてきれいになった血液を体に戻すことです。
汚い血液がきれいになって体の中にもどっていくのだから、体にとてもよいのだろうという考えは間違っています。
もともと、肺で酸素を取り込めば血液はきれいになります。
オゾンで活性化させなくても、体の中で自然におこっていることです。
オゾンを体内に取り入れることで、副作用もまったくないわけではありません。
薬と同じように、良薬でも副作用があると思って、信じられる人はうけても いいかもしれません。

ままさんは血液クレンジングを受けるのか?
それするぐらいなら、食事を見直したり適度な運動したりと、生活習慣見直した方が健康になれるんじゃない?と思ってます。
血管に針さして何かをいれるのは、いいものであっても体が過剰反応してしまう可能性があるからです。
実際、胃腸薬で肝炎おこして入院治療しました。
なので、多額のお金を払うより、口にいれるものをまず見直す方にお金をかけたいですね。

 

 

 

 

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました