ハンバーガー病発症 どんな症状がでるの?

病気
ままさん
ままさん

こんにちは、ままさんです。
ハンバーガーといえばマクドナルド!
頻繁には食べませんがたまに食べるといいですよね。

子供がマクドナルドのハンバーガーを食べて2~3時間後、ハンバーガー病になったとマクドナルド相手に韓国人の親が賠償請求訴訟を起こしたそうです。
ハンバーガー病ってそもそもなんなの???

ハンバーガー病とは

ハンバーガー病というのは正式名称「溶血性尿素症症候群」といいます。
大腸菌などが発生する毒素が原因で、溶血性貧血や血小板減少などの症状がでて、急性腎不全になる病気です。
血便をともなう下痢、おう吐、腹痛が続きます。
O-157が原因のことが多いようです。

ハンバーガー病はアメリカでも発症

1982年にアメリカでハンバーガーによる集団食中毒事件がおこりました。
ハンバーガーのパテの中にO-157が発見されました。
このO-157が原因菌としてハンバーガー病を発症。
その他の国でも発病した例があります。

ハンバーガー病の原因

ハンバーガー病はハンバーガーの中のパテが、生焼けの状態で食べてしまうのが原因とされました。
肉はよく焼いて食べるようにと、焼き肉屋さんにいったら言われますね。
忙しすぎてちゃんとパテを真まで焼けてないまま提供してしまって、たまたま食べた人が大腸菌に負けてしまった。
なんとも不運な病気です。
食べてみておかしいな?と思ったらそれ以上は食べないようにしましょう。
子供の場合は、おかしいと思わずに全部食べてしまうので肉系は大人も見てあげるといいかもしれませんね。

ハンバーガー病で重症になると

ハンバーガー病で重症になると、腎障害になり人工透析を受けることになります。
腎機能が破壊されるのですね。
それを考えるとハンバーガーは怖いと思ってしまいますが、怖いのは生焼けのパテであってハンバーガー自体ではありません。
ハンバーガーのパテが生焼けでハンバーガー病になるなら、自分で焼くタイプのハンバーグも危険ですね。
半生状態ででてきて、あつあつの石の上で自分で焼いて食べるタイプの鉄板。
あれもちゃんと焼かずに半生の状態で食べてしまって、後で食中毒おこさないか心配です。

スポンサードリンク

よくいってたファミレスがこの半生ハンバーグを自分で鉄板で焼くタイプのレストランになってしまって、あの半生ハンバーグが怖くてその後食べに行ってません。
つーか、外食費も結構かかりますしね。
自分でミンチかってハンバーグ作るほうがやすあがりだし、食べてる途中で半生にきづいたら、すぐにフライパンに戻して焼きますしね。
ハンバーガーも自分で作った方が安全かもしれないですね。面倒だけど。

まとめ

ハンバーガー病ってなんなのかと思ったら、ただの食中毒でした。
とはいっても、溶血性尿素症症候群になると腎臓機能が破壊されるので最悪人工透析になります。
今回発病したのは韓国人の子供です。
食べて2~3時間後に腹痛を訴え入院。
現在は人工透析を受けているそうです。
ハンバーガーには子供が好きなおもちゃがセットになっていることもあります。
おもちゃほしさに家族分そのセットで買っていた時期がありました。
家族分かってランダムのおもちゃのはずなのに、全部同じおもちゃだったときは「もう買わない!!」と腹が立ちましたが、いまだに買いますね。
安いハンバーガーよりも、佐世保バーガーのような高価なハンバーガーをたまに食べるとむっちゃおいしくて、安いハンバーガーはしばらく食べられません。
安いハンバーガーはやっぱそれなりってことですね。
パテが生焼けでないか、ちゃんと確認してから食べましょうね。

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました