発達障害の同僚にどうやって接したらいいか 大人の発達障害

仕事
ままさん
ままさん

こんにちは、ままさんです。
大人の発達障害って最近言われますが
もし同僚が発達障害だったらどうしますか?

はっきり発達障害と診断されている人なら病状などが本人から聞けると思いますが、本人が気づいていない発達障害であればずばりと本人にいうわけにもいかず困ってしまいますね。

スポンサードリンク




発達障害は人によって症状が違う

発達障害って、同じ病名でも一人ひとり症状が違うんです。
ADHDと言われても、多動が体を動かすことであったりおしゃべりがとまらないことであったり、自閉症と診断されてもいつも暗くて自分の殻にこもっているわけでなありません。
症状の程度も違うので、まわりが困ってしまう事が多いです。
普通の人からしたらなんでこんなことができないのかと疑問に思ってしまいますが、発達障害の人は症状をまわりが理解してあげて補助をすれば爆発的な成果をあげたりします。
まわりの理解と助けがいるのです。

発達障害は子供だけではない

発達障害って発達するうえでの障害なので子供が発病するものと思われがちですが、近年大人の発達障害がいわれています。
子供のころに「変った子」と言われて病院にいくでもなく放置されていて、大人になって他人とのコミュニケーションがとれないことに悩みます。

ケアレスミスが多い。
時間が守れない。
暗黙のルールが理解できない。
察することや空気が読めない。
片づけができない。
集中力が短時間できれる。
物事の優先順位がつけられない。
物を忘れる。物をなくす。

こういう症状を具体的に書くと、あの人これに当てはまるということがあります。
人数が多い仕事場だと必ず一人はいるのでは?
もし本人が発達障害に気がついてなくても、もしかして発達障害であるのかもしれません。

発達障害かもと思ったら助ける

もし発達障害かもという人が部下や同じグループ内にいたらこう助けてあげてください。

スポンサードリンク

メモをとらせることで、物忘れや時間の遅れなどをなくす。スケジュール帳を作って常に見ることを常習化する。

集中力が続かないのであれば、長時間集中する仕事は回さない。短時間ですますものを多くさせる。

暗黙のルールがわからない場合は、そもそも暗黙のルールの内容を知らないことが多いので、そっと教えてあげるのがいいですね。
それ以外に、なんでこんなことをするのか?と行動に疑問を思ったら本人に尋ねると、だいたい普通の常識を理解できていない場合が多いです。
知らなければこちらがありえないことをするでしょう。
なんでこんなことがわからないのか?
ではなく、もともとわからないのだ。と思えばこちらも楽ですよ。

まとめ

発達障害があっても、大人の場合は本人が気が付いていないので病院にいって治療をしていないことがおおいです。
子供のころに親が「変った子」ですませてしまっていることがあります。
いまでは早い段階で発達障害といわれて支援が受けられますが、放置されてきた結果です。
今現在が発達障害の子が多いのではなくて、もともと発達障害の子は一定数いた。
しかし、病名をつけられず親もおかしいと思いながら放置していて、大人になるまで気がつかなかったということですね。

発達障害といっても知的障害とはまた違うので、すべての人が知能が低いわけではありません。
意外と知能が高いけども、集団生活ができないとか他人とのやりとりができない人がいたりします。
そういう人はかなりの確率で近くにいます。
避けるだけでなく、こちらが補助することで普通の人以上の力を発揮する人もいます。

「人」という文字はお互いを支え合ってできています。
なので、相手が障害があるからと無視せず、ちょっと支えてあげるとこちらも支えてもらえて、人という文字が完成します。
win=winの関係であることがとても大事なのです。

 

 

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました