水俣病は遺伝するの?胎内感染との違いは?

病気

こんにちは
ままさんです。

ままさんは一時期入院・手術を繰り返していました。
病名がついて治療が行えるのがとてもありがたいことです。
だって、病名があっても対処療法しかないととても辛いですから。

体が辛くて病名もついているのに根本的な治療法のない病気と言うのは数多くありますが
今回は公害病である、水俣病について紹介していきます。

スポンサードリンク




水俣病とは?公害病とは?

水俣病とは公害病のことですが、それぞれの意味はなんでしょうか?

水俣病

水俣病とは、熊本県水俣湾周辺で発生しました。
化学工場から海や川に排出されたメチル水銀化合物が、魚介類が吸収してしまい、それを食べた住民に中毒性の神経障害が発生しました。
工業廃水をそのまま海や川に流したことによる公害です。
環境汚染で住民が被害にあいました。
1956年(昭和31年)に発生したこの症状は、発生した地名から「水俣病」と命名されました。
今現在でも苦しんでいる住民はいらっしゃいます。

水俣病のような病気を公害から発生した病気なので公害病といいます。

公害病

公害病とは、工場から出る排水や排ガスなどの中に有毒物質があって、その影響でおこる健康被害のことです。
咳や関節痛や吐き気などの軽い症状から、日常生活に支障のきたす重度の症状まで健康被害がおこります。
症状がでても対処療法しかなく、だいたいの公害病は根本的な治療がありません。
水俣病以外にも日本では大きな公害病が発生していて、水俣病を含んだ四大公害病と呼ばれています。
実は、アトピーや花粉症も公害病されています。
光化学スモッグによる健康被害も公害病になります。
公害病って結構身近にあるものですね。

スポンサードリンク

水俣病は遺伝するのか?

1956年(昭和31年)に発生した水俣病ですが、おじいちゃんおばあちゃん世代が発病していたとみていいでしょう。
その子供や孫たちには遺伝しなかったのでしょうか?
水俣病自体がメチル水銀中毒症で、ウイルスや細菌の感染ではないため遺伝したという報告はないそうです。
しかし、胎内感染は起こりえます。

水俣病の胎内感染とは

妊娠中にメチル水銀を吸収した魚介類を食べた場合、胎盤をとおって胎児にメチル水銀が入ってしまいます。
そのため脳の発育が不十分だったり、神経細胞が壊されたりして、言語障害や運動障害などの障害があったり慢性的に体調が悪かったりします。
胎児性水俣病といわれています。

妊娠中にメチル水銀を含んだ魚介類を食べていなければ、生まれてきた赤ちゃんは水俣病ではないということです。
遺伝性はないということは、水俣病を患ってから妊娠して出産したとしても赤ちゃんは水俣病ではないということですね。

まとめ

水俣病公害病のひとつです。
メチル水銀を含んだ魚介類を食べることで中毒症を起こす病気です。
なので、遺伝はしません。
しかし、当時妊娠中でメチル水銀を含んだ魚介類を食べた場合、胎児にメチル水銀が入り、生まれてきてからいろいろな障害がでてしまいます。
胎児性水俣病と呼ばれます。
いまだに苦しんでいる人がおおい公害病です。

 

ままさんは治る病気ですが、対処療法しかない病気って症状をなかなか理解してもらえなかったりするんですよ。
辛いから横になっていても、一日中というわけにはいかない。
働きに出られないんじゃ、公害の原因である企業が補償するのが当然だと思います。
水俣病のような公害病を人々の記憶から消えないように訴えていきましょう。

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました