りらくるのセラピストは年始に確定申告が必要

アプリ

りらくるのセラピストは業務委託契約です。
年始に支払調書が発行されます。
それを元に確定申告を行います。

確定申告は自分で行う

りらくるのセラピストは、りらくる側から支払調書を発行してもらって確定申告を行います。
支払調書に経費の計算がされていますが、それ以外に交通費、交際費、消耗品費など、自分でレシートや領収書をとっておくと経費としてあげられます。
セラピストとしての経費は少ないので、税理士に頼むより自分で行いましょう。
税理士に頼むと結構お金がいります。

確定申告は白色?青色?

りらくるの報酬が年間少ない場合は白色で十分ですが、白色でも簡易的な帳簿がいります。
なので、青色申告を選ぶ方がいいと思います。
青色申告は毎年3月前に事前に申告書をださなければいけません。
いまの時点で申告していない場合は、昨年分は白色で確定申告をし、来年分を青色申告で確定申告をおこないましょう。
業種にかかわらず、青色申告ができます。
ただ、白色より帳簿がめんどくさい感じがしますが、慣れてしまえば大丈夫です。
車のガソリン代や電車賃などのは領収書をとっておきます。
りらくるのセラピストは、働く店舗とは別に事務所として自宅をの家賃や水道光熱費の一部を経費として認められます。
カード決済されているなら明細書を、銀行引き落としなら銀行の通帳をコピーしておきましょう。

簡単に確定申告を準備する

今年分はもう経費にできるものはレシートや領収書をとっておきます。
無地のコピー用紙にレシートを張っていく方法や、クリアファイルにレシートをいれておいて、処理をしてから月ごとにホッチキスでとめるなど、いろいろ方法があります。
7年間は領収書や請求書は保存しなければいけません。
数が少ない場合は、クリアファイルを利用すると大変便利です。

スポンサードリンク

アプリで確定申告

パソコンが簡単に経費を整理できますが、パソコンをもっていないがスマホは持っているという人が大半です。
スマホからでも経費の整理ができるアプリがあります。

弥生の確定申告は、パソコンソフトから使っていました。
パソコンのソフトだと、インストールしているパソコンが使えなくなってしまったら、データがみれなくなってしまいます。
アプリやクラウドだと、IDとパスワードさえわかればどのデバイスからでもどんな場所からでもアクセスすることができます。
クラウド型の弥生の確定申告はとてもおすすめです。

まとめ

毎年2月3月は確定申告の期間です。
確定申告は働いて収入を得ている人なら必要なことなので、年始から準備はしておきましょう。
雑収入で20万円未満の収入だと確定申告は不要ですが、所得証明書がいる人は確定申告をする必要があります。
(市営住宅入居者など)
セラピストの経費は項目が少ないですし、月に何枚もレシートがあるわけではないので、気がついたら整理していったらいいでしょう。
国税庁の確定申告作成のコーナーでもできますが、通年通して使えるわけではないので、自分である程度用意しておかないといけません。
税務署で電子申告の手続きをすると、税務署までいかなくてもネットで確定申告を終わらせることができます。
やってみると意外と簡単なことがおおいので、確定申告は自分でやってみましょう。

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました