多肉植物を種から育てる 種の入手方法は?

植物
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
多肉植物を育てています。
もっと増やしたいな、でも鉢植えだと高いな。
WISHで多肉植物が売ってある!!
しかも安い!!
即買い!!!!

WISHってアプリ知っていますか?
中国のサイトなのですが、いろんな商品が安く買えます。
その中になんと多肉植物があったのです。
即効買ってみました。

スポンサードリンク




多肉植物の種

安いわけは、多肉植物の種の販売だったのです。
種は何種類もあって、とにかく10粒入っているものを購入しました。
送料含めても200円ちょっとかな?
多肉植物の種を売っているのは、日本でも専門店くらいしかないのかもしれません。
栽培キットがあるようですが、こちらの地域のお店では見たことがありません。
鉢植えで送ってくるより、種の方が小さい袋に送ってきたので簡単に送れますね。

wish
最大50%になるコード
xxtwfdg

多肉植物を種から育てる

多肉植物を種から育てるのけっこう難しいそうです。
条件が合わないと発芽しないと書いてありました。
多種類によってタイプがあり、冬型、春秋型、夏型に分かれています。
たいぷによって種植えする時期もちがってきます。
でも今回は何の種類が入っているかわからないので、無難な11月でちょっと寒くなってきたこの時期に種まきしてみました。

種まきの前の準備

普通の花の種や野菜の種のように、土の上に巻いて土をかぶせて水をまく・・・というわけにはいきません。
何種類もあるので、いったん冷蔵庫に1週間ほど入れておいて蒔くと発芽がそろうと言われています。
今回それも無視します。

密封容器

種まきする鉢を入れておく密封容器です。
ホームセンターに売ってある衣装ケースの小さいのを使いました。
半透明なので、外に出しても直射日光があたらないと思ったからです。
蓋は半分あいていて(あいた部分はまた蓋があったのですがなくしてしまいました)、蓋をする前にラップで覆うのでちょうどよかったです。
密封できなくても、蓋はラップをするのでラップが飛んでしまわないようにしておけば大丈夫です。

スポンサードリンク

種まきの鉢

種をまく鉢ですが、ままさんはホームセンターで売ってある「そのまま土に植えるとなくなる針」にしました。
プリンカップでもヨーグルトのカップでもいいようです。
底に穴があいていて(あいてなければ針でさせばいいです)底から水が吸えるかどうかが重要です。

その他

乾燥を防ぐためのラップ、ピンセット、土。
土は種まき用の土を買いました。
多肉用だと消毒されているので安心ですが、その他の土だと消毒がいります。
熱湯にかけるというのが一番簡単な方法です。
他のすべてのものも消毒します。
ピンセットと密封容器と種まき用の鉢は、消毒用エタノールをふきかけました。
消毒用エタノールはディスカウントショップでも売ってあります。
消毒しないと、発芽までにカビが生えたり細菌が繁殖して種がだめになってしまいます。

種植え

種植え用の鉢に土を入れます。
水をたっぷりあげたあと、密封容器に鉢をいれていきます。
鉢に種をまいていきます。
種がとても小さいので、蒔けているかどうかわかりませんが、適当に蒔いてみます。
種を蒔いた後は、土はかけないし水もかけません。
そのまま、密封容器に種まき用の鉢が3分の1ひたるように水をいれます。(腰水)
密封容器にラップをして蓋をします。
種を蒔いたあとは、土が常に湿った状態にしておかなければいけません。
腰水は2~3日に1回は入れ替えます。
また汚れてきたら水をかえます。
とにかく多湿なので、カビがはえないように注意しなければいけません。
早ければ5日くらいで発芽してきますが、遅ければ1カ月以上かかることもあります。

発芽したあとは、湿度に気をつけて様子を見ます。
1年ほど様子をみます。

まとめ

多肉植物を種から育てるのは結構大変なようです。
種を買うのもお店には置いていないことが多いので、ネットで探すのがいちばんかも。
注文から届くまで1カ月かかりますが、wishというアプリなら100粒が200円弱で買えます。
多湿に気をつけて、カビやコケを生えさせないようにすれば発芽します。
発芽してからは長い日数管理が必要ですが、徐々に大きくなっていくのはとても楽しいです。
多肉植物は「育てる」という言葉が一番あっている植物かも。

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました