まりもって植物?ペットボトルに入れて育てることになりました

植物
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
ホームセンターでまりもが売ってあったので買ってみました。
入れ物ないのでとりあえずペットボトルにいれてみました。

まりもって、緑色の丸い物体です。
阿寒湖まりも・・・。
この名前を知ってるままさん怖いって思って(笑

スポンサードリンク




まりもは植物

まりもは植物です。
淡水の緑藻の一種で、岩などに付着して生活していますが、阿寒湖に生息しているまりもは球体をしていて日本の特別天然記念物に指定されています。
この球体がひとつのまりもというわけではなく、球体を構成している細い繊維がまりもの個体といわれています。
つまりこのまりもはまりもの集合体なのです。
見た目はやわらかそうですが、実際は硬い藻のようです。
まださわったことがないのですが、たまに水で洗ってあげる必要があります。

販売しているまりもの正体

阿寒湖の球体をしたまりもは日本の天然記念物なら、なんで球体をしたまりもがホームセンターで売ってあるのか?
実は、「養殖まりも」という名前で販売されていて、藻を人工的にまるめたものだったりしています。
もちろん天然のまりもに比べたら形が壊れやすくなっています。
ホームセンターで買ったのはなんて商品名か忘れましたが、「天然」とは書いてないので人工的にまるめたものなのでしょう。

まりもの育て方

まりもは植物で藻です。
水の中に入れておくだけ。
直射日光にあてずに日当たりのよいところに置いておくとよいそうです。
直射日光があたるところにおいておくと、水に藻が発生し緑色になってしまいます。
水は水道水でも大丈夫。
暖かいのがだめなので、夏場は水を3日に1回、冬場は1カ月に1回ほど入れ替えましょう。
光合成で大きくなっていきますが、成長速度は劇遅です。

ペットボトルにまりもをいれておくと、あっちこっちにおけるので便利ですが、夏場はすぐ水が温かくなりそう。
35度を超えるとまりもは枯れてしまいます。
夏場は入れ物と場所を考えた方がよいみたいです。

まりもだけでなく金魚やめだかも入れてしまいたくなりますが、まりもは藻なので食べられてしまう可能性があります。
まりもと何かをいっしょにするなら、同種の水草といっしょに。
おしゃれな容器にいれて、アクアリウムとしても。

スポンサードリンク

まとめ

まだ買ってきてから3日くらいです。
まりものまわりには空気の泡ができています。
まりもは植物なので、二酸化炭素をとりこみ酸素を吐き出します。
理科でならいましたね。
ということは、密封すると酸素がどんどん生まれるので破裂する??
入れ物のペットボトルには蓋はしていません。
ペットボトルだと上の出入り口がせまいのでほこりとか入りにくいかなと思います。
くるくるまわすと、まるでペットボトルの中をまりもが走っているみたいにころがります。
下は買ってきたときに入っていたじゃりをいれています。
そのほうが自然な感じがしますが、まりもはどう思っているんでしょうね。

金魚やめだかを飼うのは自信がないけどアクアリウムをしたいって人には、まりもおすすめです。
いつもキーボードの横で癒してくれてます。

(水草)私の小さなアクアリウム ~白砂のマリモ(バブルボールSS)~(説明書付) 本州四国限定

価格:1,060円
(2019/11/12 22:50時点)
感想(11件)

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました