離婚調停の申し立てに必要な書類は何?協議離婚との違いは

夫婦関係

こんにちは
ままさんです。

ままさんは結婚していますが、離婚も考えたことありますよ。
でも離婚って、協議離婚と調停離婚があるの知っていましたか?

婚姻と同じように、両者が納得していないと離婚できないのです。

スポンサードリンク




調停離婚と協議離婚の違い

離婚には大きく2種類あります。
協議と調停です。

協議離婚

90%がこの協議離婚です。
両者ではなしあった結果、離婚に同意した場合が協議離婚になります。
子供がいる場合には親権をどちらがとるのか、慰謝料や養育費はいくら払うのか、財産分与は、など離婚前に両者で決めておきます。
そういう将来のことを考えずに、すぐ離婚届に判をおして提出してしまうのはよくないです。
将来のことを考えて、協議離婚でも弁護士や行政書士にお願いして慰謝料や養育費、財産分与などを書面としてのこすほうが安心です。

調停離婚

離婚することを両者で話し合ってもまとまらない場合は調停になります。
家庭裁判所に書類と手数料を提出することで、第三者を交えた話し合いが始まります。
かならず離婚できるというわけではなく、話し合いがまとまらず調停不成立になってしまうこともあります。
そのときは離婚訴訟をおこす必要があります。

調停離婚に必要な書類

調停離婚をしたいときは、家庭裁判所にいって申し立ての書類をもらいます。
申し立て書とその写しを3通と、夫婦の戸籍謄本、年金分割割合について申し立てが含まれている場合は、年金分割のための情報通知書というものがいります。
年金事務所、各共済組合などに相談してみてください。
子供がいるときは、子についての事情説明書。
連絡先などの届出書。
進行に関する照会回答書。など。
また、審理のために追加書類が必要なことがあります。
申し立て書を提出するときに手数料として収入印紙1,200円を張ります。
連絡用の郵便切手もいります。(消費税増税で郵便切手が値上げしていますのでご注意ください。だいたい1000円程度分の切手が必要です。)
裁判となると弁護士の費用を考えると高額なイメージがありますが、調停離婚は裁判ではないので意外と費用がかかりません。
離婚したいけど相手と話ができない、合わない場合は調停を申請するほうがいいのかもしれません。

ちなみにままさんは書類をダウンロードして書きましたが、離婚理由を書いててアナログ調停員には理解できないだろうなと思い(説明してもわかってもらえないだろうなと)断念しました。
大した収入のない女性が離婚しても生活が苦しいだけなので、相手がいても知らんふりしといたほうが生活楽だなという結論になりました。

スポンサードリンク

調停離婚の流れ

申し立て書を裁判所に提出し受理されたら、だいたい2週間くらいで申し立て人と相手側に調停期日通知書がとどきます。

調停の日、家庭裁判所にいって受付をします。
申立人と相手側は別々の部屋に通されて、調停人と話し合いをします。
相手側には答弁書を当日提出することになっています。
調停期日は、裁判所側の都合で決められますので、もし期日に行くことができないときは事前に連絡しておきましょう。
期日に欠席すると、調停不成立となります。

調停離婚の申し立てから成立までの期間

調停離婚を申し立てて離婚成立まで、6カ月くらいかかるとみていいでしょう。
調停期日は2~4回で成立になることが多いです。
ただ、財産分与や親権などなかなか決まらない場合はもっと多くなります。
期日に出席できないときも、期日の日が何度も調整しないといけないので期間がながくなります。

調停の成立が不可能と判断されたら不成立となります。
この場合は裁判もっていきます。

 

まとめ

離婚と言うと協議離婚が一般的ですが、芸能人だと財産分与でもめて調停離婚から離婚裁判にまでいくことが多いですね。
離婚でもめるのは、子供の親権であったり財産分与だったり慰謝料だったりですね。
一般的に、親族や友人などが間に入って話し合いをする場合が多いので、調停までいかないことが多いです。
親族や友人が間に入って離婚が決まればそれでいいと思います。
もしそれでも納得のいかない場合は、調停で話し合ってもよいと思います。

調停の場合、弁護士を雇って代理で出席してもらうことも可能です。
調停期日通知書が届いたらすぐに弁護士を探しておきましょう。

でも、離婚は結婚より体力も気力も使います。
離婚後の生活が結婚していても変わらないのであれば離婚を考えられるでしょうが、専業主婦やパートでは離婚後の生活を考えたらなかなか離婚まで踏み切れません。

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました