車をぶつけられたときの対応 相手が嘘をいったら・・・

事故
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
車に乗っていると交通事故にあってしまうことがあります。
田舎なので車社会なのですが、車をぶつけたりぶつけられたりされました。
そのとき、相手の証言って変わっていくものです。
嘘をつかれたときどうしたらいいのでしょうか。

車に乗っていると避けて通れないのが交通事故です。
もし車をぶつけてしまったら、車をぶつけられてしまったら、やっておかなければいけないことがあります。

スポンサードリンク




交通事故にあったらまずすること

交通事故にあったらすることといったら、相手や巻き添えになった人の怪我の有無
もし怪我をしている人がいたらすぐに連絡。
このときは110でも119でもどちらでもいいそうです。
警察から救急車の手配はできますし、消防署から警察の手配もできます。
もし物損だけなら、事故を起こしてその場を動かさず、事故車両とその周辺を写真をとりましょう。
車にドレイブレコーダーがついていないときは、絶対写真を撮っておいてください。

なぜかというと、事故が起きた状況を写真で残しておけば警察と保険屋にみせることができるからです。
実況見分のときは、双方の言葉と車のへこみや傷の具合で過失割合を判断します。
しかし、詳細な状況は当事者でないとわかりません。
事故をした後って、かならずパニックになります。
後で、こうだったああだった、いやこうだったああだったと言い合いになることが多いです。
証拠に残るように写真を撮っておくのが一番いいです。

相手側との連絡先と保険屋の確認

相手の連絡先と相手の保険会社はメモしておきましょう。
保険屋同士での話だとしても、相手が自分の保険屋に事故報告をしない場合があります。
これは、うそ?と思われるかもしれませんが、ままさんはやられました。
どこの保険会社ともいわず、おおまかな住所いわれて「そのあたりにある保険会社に入ってるから、じゃ」って感じで。
「???」と思いながらもだいたいの場所でここだという会社はわかりましたが、複数の保険を扱う代理店・・・。
つーか、被害者が加害者の保険会社に連絡するの??
もう開いた口がふさがりませんでした。
結局、こっちの保険会社が相手に連絡をいれて、ようやく相手の保険会社と話ができたそうです。
ほんと、銀行関係に努めている人なのに何考えてるのやら・・・。
相手の連絡先を聞いたからといって、別にこちらから連絡をいれる必要はありません。
信頼のためにお互いに連絡先を交換しましょうということなので。

実況見分とは違う嘘をいってきたら

特に加害者の場合、警察の実況見分のときとは違う主張を保険屋に言ってきます。
それを知らされて頭にくることがあります。
ええ、ままさんはぶつけた側ですが、相手が最初から(実は同乗してなかった相手の親が)止まっていた!としつこくいってきて、ままさんは事故の瞬間の記憶が飛んでしまっていたので相手の言うことを信じていましたが、保険屋がままさんの車の傷をみたところ「これは止まっているものにぶつかった傷ではない」という証明がでました。
相手が動いていた証拠となり、9:1とすることができました。
これが相手のいったとおり動いていなかったのであったら10:0でした。

スポンサードリンク

ままさんの旦那が運転していた車に家族で乗っていた時に、バックしてきた車にぶつけられたことがあります。
そのとき、バックしてきていったん止まってから再びバックしてきてぶつかりました。
こちらはその主張をずっと続けてきましたが、相手は「向こうがいきなりそこにいた」「向こうは動いていたんじゃないか」とあれこれ言ってきました。
第三者機関までいれて当時のことを話しましたが、相手の保険やが「やっぱりそちらにも過失が・・・」なんて言ってきたのでものすごく腹が立ち、すぐこちらの保険屋に連絡をしました。
こちらの保険屋が「こちらに過失があるという根拠は?」ということをいったらしいです。
向こうは根拠を提示することができず、こちらの過失はなかったと認められました。
ああ、もう、なんで加害者はうそをつくんでしょうね!!!!

嘘をいって罪にならないのか?

実は交通事故にあって、相手が嘘をいうことはあります。
ほとんど嘘をいうんじゃないでしょうか?
だってそりゃ自分が悪くなりたくないですもの。
払うお金が少なかったら少ないほうがいいでしょ?
相手に怪我をさせてしまったらそれはもう、なんとか相手の悪いところをついて過失を少なくしたいですよね。
でも、もし嘘をいったら偽証罪にあたるのでは?
嘘をいっただけでは罪にならないそうです。
まぁ明らかに嘘をいっているという証拠があれば罪になるのでしょうが、記憶違いといわれたら嘘をいっている証拠がないですから。
本当に記憶違いで言っている場合もありますしね。

相手に嘘を言っても安心できるように

裁判でいうでしょ、「証拠」って。
最初に主張したことを曲げるのも「証拠」がいります。
証拠って大事です。
なので、車には絶対ドレイブレコーダーをつけておいたほうがいいですよ
しかも録音付きで。
それか、相手と話をするときはボイスレコーダーで録音しておく。
そして、相手とも相手の保険屋との対応も「冷静」に。
間違っても逆上してしまわないでくださいね。
感情にまかせてぎゃーぎゃーいってしまう不利になります。

まとめ

交通事故を起こして、すんなり話がすすんだってないですね。
かならず相手がだだこねてもめます。
相手がバックしてきてぶつかった事故は、解決まで2か月かかりました。
第三者機関までいれて!
それに実は事故の後、相手が車からおりて、車を降りていた旦那に暴言をはきまくりました。
殴りかかられるかと思って妊娠していたままさんは二人の間に入って旦那を守りましたが、今思えば旦那に殴られてもらって携帯で動画とっといて暴行事件として被害届だしとけばよかったなと笑
ちなみに、こうやって交通事故後にされたことで被害を被ったときは、交通事故の実況見分では言わずさくっと被害届をだしましょう。
保険屋にいくら相手に暴言をはかれた、暴力を振るわれそうになったということは言ってはいけません。
事故処理でこちらが不利になることもあるそうです。
なので、証拠をとって(体に傷ができたなら病院で診断書をとる、場面を動画にとる、録音する)警察に別件で相談して被害届提出。
事故後の相手との会話も録音できるドライブレコーダーを搭載しておくといいですよね。
ままさんはドライブレコーダー買おうと思います。

 

 

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました