GOOGLEアナティスクで自分のサイトにアクセスしてもカウントさせない方法

パソコン
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
ブログやサイトのアクセス解析にGOOGLEアナティスクを使用しています。
しかし、自分が確認のためにブログにいったときに、自分もカウントされてしまっていると、どれだけアクセス来たか確認するのに間違ってしまうことがあります。

GOOGLEアナティスクで、自分のIPアドレスを登録しておくと、自分がサイトにアクセスしてもカウントされないようになります。
今回はその設定方法を紹介します。

スポンサードリンク




自分のIPアドレスを知る

自分のIPアドレスってなにかわかりますか?
インターネットにアクセスしている人は、何処からアクセスしているのかIPアドレス自動的にふられています。
これは他人に公開するものではありません。
検索すれば、どのプロバイダを使っていてどこの地域からインターネットを使っているかわかってしまいます。
昔2chに書き込みをするとソースにIPアドレスが記載されて、どこからインターネットにつなげているかわかってしまう。
なんてこともありました。
もし自分で知ったとしても他人には公開しないようにしてください。

IPアドレスの調べ方

上記のサイトにいってボタンを押すと、自分の情報がでてきます。
このように自分の情報を自分で調べることは簡単です。
リモートアドレスってところが自分のIPになります。

GOOGLEアナティスク側での設定

GOOGLEアナティスクの左側の一番下に歯車のマークがあります。
それを押して管理画面を開きます。

アカウントの欄の「すべてのフィルタ」をクリックします。

スポンサードリンク

「フィルタを追加」を押します、。

フィルタ名は任意の名前で。
フィルタの種類は「定義済み」
「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選んでください。
IPアドレスは、調べた自分のIPアドレスを記入。(コピペでOK)
ビューにフィルタを適用には、使用可能なビューをすべて選択して「追加」を押す。
選択したビューにぜんぶのウェブサイトのデータが入っていたらOK。
これで自分のパソコンで自分のサイトにアクセスしてもカウントされません。
スマホからの場合は、スマホで自分のIPを調べましょう。

まとめ

googleアナティスクでアクセスの状況をみて、「アクセスがある」と思っても自分だったときは落ち込んでしまいます。
もう自分のIPを設定して、自分がアクセスしたのはカウントしないようにしましょう。
アクセスを集めるには、まず記事の数が必要です。
記事をたくさんかいていって、どんな記事にアクセスが集まっているか解析し、その関連記事を書いていって内部リンクさせるのが基本です。
それからは記事ごとにライバルチェックしていくと、アクセスの集まるブログに育ちます。

 

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました