google search consoleでドメインプロパティの設定 XSERVERとお名前どっとこむ

パソコン
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
この前久々にドメイン設定でてこずりました。
google search consoleのプロパティ設定にドメインプロパティというのができたので設定してみたら、サイトがみれなくなってしまいました・・・。

wordpressでブログを運営している人は、google search consoleを設定していますよね。
新しくサイトを設定するのに、ドメインプロパティという新しい設定方法が増えました。

スポンサードリンク




新しいドメインプロパティ設定

新しくプロパティを追加したいとき、ドメインとURLプレフィックスの2種類に分かれます。
今回は、ドメインで設定をしてみました。

でも、やってみたらwordpressがDNSサーバーエラーで開かなくなっちゃったんですよね。

ドメイン所有権の確認

ドメインで設定するには、ドメイン所有権の確認をしないといけません。
それにはDNSレコードにTXTレコードを設定します。

ここまでくると、ブログを始めたばかりの初心者さんは「DNS」って?「TXTレコード」って??
と頭がこんがらがってしまいますね。

DNSの設定は、レンタルサーバー側で行います。
独自ドメインはお名前ドットコムで取得。
サーバーはXSERVERなので、両方で設定してしまってサイトがみれなくなりました。
お名前ドットコムでDNSレコードを変えてしまうと、ネームサーバーまで変ってしまうことがあります。

DNSレコードの設定 XSERVER

レンタルサーバーはxserverなので、xserverのサーバー管理にログインします。
該当のドメイン設定にして、DNSレコード設定を開きます。
DNSレコード追加をおして、ホスト名を入力、別を「TXT」に変更し、google saerch consoleで得たコードをコピペします。
確定をして、google search consoleに戻ります。
「確認」を押してドメイン取得権が確認されたらOKです。

スポンサードリンク

DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN

しばらくすると、「DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN」という表示がされてサイトがみれなくなりました。
ドメインがお名前ドットコムなので、お名前ドットコムでDNSレコードを変えてしまったら要注意です。
じつはDNSレコードを変えるときに、ネームサーバーの設定まで変ってしまうのです。
お名前ドットコムでネームサーバーの設定を見てみましょう。
お名前ドットコムの独自のネームサーバーに変っているときは、変更しましょう。
これでサイトが表示されるはずです。
あまりDNSの設定をいじってしまうと、取り返しがつかなくなりますので、いつまでたってもサイトが表示されないときは、ドメインプロパティの設定をあきらめてください。
google search consoleでのDNSレコードを削除しましょう。
いったん所有権が認められたら、しばらく認証されているので削除してもかまわないでしょう。
もしgoogleさんにばれたら、ドメインプロパティ以外の認証方法で設定した方がよさそうです。

まとめ

意外とつかっている人が少ないgoogle search consoleですが、googleにはやくインデックスされるために、とても便利なツールです。
ブログ運営している人なら、設定しておいた方がいいです。
でも新しい設定になって、ちょっと初心者ではとまどってしまいます。
DNSレコードの設定は、へたをすればサイト自体が表示されなくなる可能性が高いので、自信のない場合は他の方法で設定しましょう。
DNSレコードを追加しただけなのに、ネームサーバーが変ってしまっていたとは。
なんともいえない失敗です。
ままさんもまだまだ勉強が足りません。

 

 

Follow me!

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました