夫婦別姓になるとどうなるのか?メリット、デメリット 子供の姓は

ニュース
ままさん
ままさん

こんにちは。ままさんです。
結婚したら女性は姓が変わります。
けど、手続きがすごくめんどくさいです。
でも日本では女性が姓を変えるのが普通・・・。
ほかの国では選択制だったり夫婦別姓だったりするのにね。

日本では、婚姻届けを出すときにどちらの姓にするか選ぶことができますが、だいたいが男性側の姓を名乗ることになります。
男性が姓を変えることが極端にすくないため、選択制とはいえません。
ほかの国では夫婦別姓のところもあります。

スポンサードリンク




夫婦別姓のメリット

夫婦別姓であるメリットはなんでしょうか。
結婚しても姓が変わらないことで、姓の変更をしなくていいのです。
姓を変えるだけでたくさんの書類をかかなければいけませんし、手数料もかかります。
普段の生活にまったく変わりがありません。
いままで結婚で姓を変えなければいけなかった女性側は、一生同じ姓を名乗ることができます。
女性側の家系が珍しい姓で、跡取りを残したいという場合に男性側に姓を変えてもらいます。
この場合まず結婚にいたるまでに大変な苦労があります。
男性側の両親の理解がないと結婚ができないからです。
そのせいでなかなか結婚ができないという場合もあります。
夫婦別姓だと、そんな心配もありません。

夫婦別姓のデメリット

逆に夫婦別姓のデメリットはなにがあるでしょう。
まず子供ができたときにどっちの姓を名乗るのかで障害がでています。
お母さんと子供で姓が違うと、周りの目がつめたくなります。
(姓が違うけど親子だよね?と疑問をもたれたり・・・)
日本自体が長く夫婦同姓であるための障害が多いです。
夫婦別姓にしたいけど憲法上別姓にできないからと、事実婚でいる夫婦もいます。
その場合は子供は夫の姓をなのって、お母さんと姓が違うので周りの噂話のネタになったり、法的手続きのときに障害が生じたりします。
事実婚の場合は法的手続きが障害になりますね。
夫婦別姓がまだ日本で認められていないため、法的手続きで問題がでてきます。
法的に夫婦別姓が認められたら、母親と子供の姓が違うくらいでほかの問題はないように思えます。

スポンサードリンク

事実婚での問題

夫婦別姓がまだ日本では認められていません。
夫婦別姓がいい、というカップルは婚姻届けをださずに事実婚という形で暮らしています。
しかし、事実婚は婚姻届けを出した夫婦と違って法的に認められていないので、相手が入院したときの家族である証明ができません。
病状の説明が聞く権利がパートナーにはありません。
子供が生まれたらどちかにしか親権がわたりません。
夫婦共同の親権が認められません。
生まれてきた子は嫡外子となります。
パートナーがなくなったとき、相続権がないため遺言を残してもらわないといけません。
また、遺言で相続できたとしても、離婚で慰謝料をもらったとしても、婚姻届けを出した夫婦と違って贈与税がかかります。
生命保険の受取人や住宅ローンの保証人にはなれません。
年末調整や確定申告の配偶者控除は除外です。
法的に事実婚はデメリットがおおいですね。

夫婦別姓がいい

日本が夫婦は夫の姓をなのるというのが習慣ったので、男女一緒に住んでいて姓が違うと「あれ?」と疑問に思ったり、子供が姓が変わると「離婚?」と勘ぐってしまいます。
結婚や離婚をすると姓が変わる。
それの何が嫌なのかというと、姓の変更をしないといけないのがいやなのです。
姓変わったら何を変更しますか?

・免許証
・社会保険や年金
・銀行口座
・クレジットカード
・努めている会社に報告
・生命保険
・スマホの契約者名
・自動車の使用者名

自分が姓の変更をしないといけないと思ったら何があるかを並べてみました。
これにパスポートがあれば手数料が6000円ほどかかるそうです。
しかもだいたいすべて店舗や受付窓口にいって書類を書かないと変更できません。
web上で簡単にできるものではありません。
結構たいへんなのです。
半日がかりで書類を書いたり提出したりしなければいけません。
夫婦別姓になると姓の変更の手続きがなくてとてもいいですね。

Follow me!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました